スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




不動産投資信託の投資対象が狭まる理由


政府による税制面などのリートに対する改革や大和証券などの大手金融機関によるリート市場
の再編の動きが活発化していることから、不動産投資信託を取り巻く環境は改善しています。



しかし、問題も依然として沢山山積みされています。不動産投資信託というのは、投資家から
出資を受けて、銀行融資で物件を取得して運用することで成立します。



不動産投資信託の投資するための原資は不動産物件ですので、投資先がないと事業自体が
成り立たなくなってしまいます。しかし、残念ながら今現在、景気が低迷していることから極端
なまでに東京を中心としたオフィスビルに集中しています。



名古屋、大阪などの東京に次ぐ大都市圏の物件ですら売却する動きが活発化し、今後もこう
した動きは継続する可能性が高いとされています。



確かに東京だと外資も積極的に不動産を取得するので、地方都市のように不動産価値が極端
に下がるということもありません。実際に、リート市場をみても地方都市にある物件を手放す所
が増えています。また、そうすることによって、投資家からも好感されるようです。




スポンサーサイト

テーマ : 不動産投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : 不動産投資信託 リート オフィスビル

さらに詳しく調べる




 検索例  

REIT 証券会社 手数料などと入力

メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

不動産投資信託 REIT 不動産ファンド 資産運用 リート 分配金 不動産投資 ファンド 投資法人 ファンドマネジャー 不動産インデックス 減価償却 キャッシュフロー 利回り インカムゲイン 固定資産税 表面利回り 東証REIT指数 キャピタルゲイン 不動産担保ローン 運用 時価会計 日本応援株ファンド アップリート 全面可視化 初試行 追起訴 特別背任事件 SPC アセット・マネジメント ポートフォリオ 投資判断 証券化 プロパティマネジメント オフィスビル 配当利回り オフバランス 

タグ

  • seo
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。