スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




SPC設立でリスクを最大限抑える仕組



投信法が大幅に改正されたことによって、ファンドが不動産に投資することが可能となり、不動産
投資信託が誕生することになったわけですが、実際に不動産には様々なリスクがあります。

【PR】 REITの取引は手数料が格安なCFDが断然お得!



もっとも、大きなものが地震などの災害リスクでしょう。こればかりは避けようにも避けることが
出来ませんので、万が一高いレバレッジ効果を期待して借入れを行なった場合は大変です。


こうしたリスクをヘッジする上で有効な手段とされているのがSPCを通して不動産に投資することが
あげられます。ちなみにSPCとはSpecific Purpose Companyの略称です。


日本語では特定目的会社といいます。


資産の流動化に関する法律に基づいて設立される法人のことをさします。


つまり、不動産など価格が大きいため流動性が低い資産の流動性を高める為に組織する機関で、
ファンドは不動産を対象としたSPCをまず設立します。そしてSPCの優先先出資証券を保有します。


こうすることにより、ファンドが運用している物件に万が一のことが起こった場合でも、ファンドの損失
はSPCの優先出資証券に投資した分だけで済むようになるわけです。


SPCを設立するには容易ではありませんが、設立が認められれば直接不動産に投資するよりも安定
した運用が行えます。この結果、投資家側も安心して投資することができるわけです。

【PR】 CFDなら世界中のREITに投資できます!





スポンサーサイト

テーマ : 不動産投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : 不動産投資信託 REIT 資産運用

さらに詳しく調べる




 検索例  

REIT 証券会社 手数料などと入力

メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

不動産投資信託 REIT 不動産ファンド 資産運用 リート 分配金 不動産投資 ファンド 投資法人 ファンドマネジャー 不動産インデックス 減価償却 キャッシュフロー 利回り インカムゲイン 固定資産税 表面利回り 東証REIT指数 キャピタルゲイン 不動産担保ローン 運用 時価会計 日本応援株ファンド アップリート 全面可視化 初試行 追起訴 特別背任事件 SPC アセット・マネジメント ポートフォリオ 投資判断 証券化 プロパティマネジメント オフィスビル 配当利回り オフバランス 

タグ

  • seo
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。