スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




ファンドの目論見書を確認するポイント


不動産投資信託の募集を行なう際に、必ず目論見書が交付されますので、もし不動産投資信託の購入
を検討されているのであれば、この目論見書を細部まで確認する必要がございます。


実際に購入される不動産投資信託の詳細につきまして、こと細かに記載されていますので、しっかりと
細かく読み込むことによって、内容を確実に理解することができます。


不動産投資信託に限らず、分からない金融商品へ投資することは非常に危険ですので、絶対に避けな
ければならいません。ですので、目論見書を読み込むことをおススメします。



目論見書をチェックする際のポイントは以下の通りです。



●対象物件の数と種類がどれくらいあるのか?


●運用対象期間中に対象物件の入れ替えが可能か?


●賃料収入が安定しているか?


●過去の運用実績は高いか?


●運用期間中でも中途解約できるか?



もし他の不動産証券化商品ですでにある程度の実績のある業者であれば、それを参考にするのも良い
でしょう。実際に色々なものと比較することによって色々と見えてきます。


また、株式や債券などの金融商品と比較した場合、REITなどの不動産投資信託(不動産ファンド)には、
投資するための有効な判断材料が残念ながら豊富ではありません。



もっとも、実物の不動産投資を考えた場合、足で稼ぐ情報が一番とされておりますので色々な角度から
情報を収集して自分なりの相場観を養ったうえで投資目的を確立するこが重要です。





スポンサーサイト

テーマ : 不動産投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : 不動産投資信託 資産運用

さらに詳しく調べる




 検索例  

REIT 証券会社 手数料などと入力

メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

不動産投資信託 REIT 不動産ファンド 資産運用 リート 分配金 不動産投資 ファンド 投資法人 ファンドマネジャー 不動産インデックス 減価償却 キャッシュフロー 利回り インカムゲイン 固定資産税 表面利回り 東証REIT指数 キャピタルゲイン 不動産担保ローン 運用 時価会計 日本応援株ファンド アップリート 全面可視化 初試行 追起訴 特別背任事件 SPC アセット・マネジメント ポートフォリオ 投資判断 証券化 プロパティマネジメント オフィスビル 配当利回り オフバランス 

タグ

  • seo
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。