スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




運用報告書の基本と見方について

実際に不動産投資信託を購入されますと、決算期ごとに運用報告書
が送付されます。この運用報告書には不動産投資信託が設定以来
の運用実績や、その期の運用成績が記載されております。



また、ファンドマネジャーがどのように運用したのか、目標を達成する
ことができたのか、今後どのような方針でいくのかが記載されている
解説部分にも留意する必要がございます。



こうした運用報告書をしっかりと読み込んだ上で、今後もさらに保有
するのか、しないのかといったことを決める必要があります。



そして、具体的にどのような不動産を購入したのか、そういった詳細
もしっかりと記載されていますので、こうした点からみても運用報告
書は不動産投資信託を知る上で非常に重要です。



ところで、不動産の組入れ明細についてですが、当初の組入れ額は、
取得費も、時間が経つにつれ過去の数字となっております。



そうなりますと、その購入した株式が大きな値下がり損を抱えている
かも知れませんので、決算期末には、動産の評価を見直し、いくら
の値下がり損益があるのか知る必要がございます。



不動産の評価方法についてですが、大別すると、原価法、取引事例
比較法、収益還元法の3つがございます。



国が公表する公示価格や税の課税標準となる固定資産税評価額は、
取引事例比較法に記載されております。



そして、評価の目的は投資用不動産の評価です。ですので主益還元
法により評価すべきとされております。




スポンサーサイト

テーマ : 不動産投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

さらに詳しく調べる




 検索例  

REIT 証券会社 手数料などと入力

メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

不動産投資信託 REIT 不動産ファンド 資産運用 リート 分配金 不動産投資 ファンド 投資法人 ファンドマネジャー 不動産インデックス 減価償却 キャッシュフロー 利回り インカムゲイン 固定資産税 表面利回り 東証REIT指数 キャピタルゲイン 不動産担保ローン 運用 時価会計 日本応援株ファンド アップリート 全面可視化 初試行 追起訴 特別背任事件 SPC アセット・マネジメント ポートフォリオ 投資判断 証券化 プロパティマネジメント オフィスビル 配当利回り オフバランス 

タグ

  • seo
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。