スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




REITが収益をあげる仕組みについて


REIT(リート)は不動産を証券化した投資信託の一種で賃貸ビル、
マンション、その他施設などの不動産を運用対象としております。



REITはReal Estate Investment Trustの略称で、米国では60年
代に誕生し、90年代に入り急速に拡大しました。



2001年当時、不動産市場の低迷を打破するためにREITが東京
証券取引所に上場し、J-REITが誕生しました。


 
不動産の環境が歪んだまま80年代の資産バブルが形成された
ことにより地価が高騰しました。



その後バブル崩壊したことによって、不動産価値が暴落すること
になったわけですが、その姿が今現在サブプライムローン問題
に喘ぐ米国の金融機関とダブります。



もっとも、日本においてREITの役割として期待されたのは、資産
デフレを救済するということにより、低迷する金融市場を活性化す
ることだったわけですが、その役割は見事に果たせたと思います。


昨年の2月まで、REIT市場は株式市場同様に活況にありました。


これまで、その分配金の高さが好感されたのですが、上述した
サブプライムローン問題の影響をモロに受けております。



しかし、低迷することで、逆に分配金が高くなりますので、今後
かならず、見直されることになると思います。


【情報満載】金持ち父さん目指すならHOME'S不動産投資


※不動産投資信託の投資は自己責任でお願いします。

不動産投資信託に関する記事の誤字脱字、内容の間違い
を含め、一切の責任を負いませんので予めご了承下さい。

不動産投資信託が分かる不動産投資入門トップへ




スポンサーサイト

テーマ : 不動産投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : 分配金

不動産のリスクプレミアについて


一般的な不動産事業には色々なリスクがあるのですが、主な
リスクとして以下のものがあげられます。



■賃料値下がりリスク

■空室率リスク

■運用費用に関するリスク

■修繕に関するリスク

■地震などの災害リスク

■借入金金利リスク



投資家であれば、だれもが出来るだけこのようなリスクを
避けて、利益だけを追求したいと思います。



しかし、しっかりと分析を行ったにもかかわらず、不確実
性の高い危険資産を保有してしまう場合もあるのです。



ですが、このような場合には、リスクを保有することへの
代償として報酬を求めることになります。


そして、この報酬をリスクプレミアといいます。


今、危険資産と同一の期待効用が得られる可能性がある
リスクの低い安全資産の1年後の収益を100万円と仮定し、
危険資産の収益を110万円と仮定します。


上述した条件の場合のリスクプレミアムは以下の通りです。


110万円 - 100万円=10万円



そして、安全資産の期待収益率を10%とした場合の安全資
産の価格は100 / (1+0.1) = 99万円です。



また、リスクプレミアムレートは、10万円÷99万円=11%
となり、危険資産の期待利益率は10%+11%=21%です。



そして、危険資産の価格は110万円 / (1+21%)=90万円
と求めることができます。


こうした分析方法を用いることで適切投資判断を下します。


【PR】 金持ち父さん目指すならHOME'S不動産投資



不動産投資信託の投資は自己責任でお願いします。

不動産投資信託に関する記事の誤字脱字、内容の間違い
を含め、一切の責任を負いませんので予めご了承下さい。

不動産投資信託が分かる不動産投資入門トップへ




テーマ : 不動産投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

ネット証券4社が「日本応援株ファンド」設定

SBI証券、カブドットコム証券、マネックス証券、楽天証券の大手ネット証券4社が共同
で投資信託の販売プロジェクトを立ち上げました。


今回のプロジェクトは、「資産倍増プロジェクト」と命名されたのですが、記念すべき
第一弾が「日本応援株ファンド」で、収益の一部を復興支援に寄付するようです。



「転載開始:サーチナ」

『SBI証券など4社、「日本応援株ファンド(日本株)」新規設定』
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110613-00000038-scn-bus_all


株式会社SBI証券、カブドットコム証券株式会社、マネックス証券株式会社、楽天証券株式
会社の4社は13日、4社の投資信託の販売協力プロジェクト「資産倍増プロジェクト」が、


平成23年5月に発表した4社専用投資信託について、ネット証券専用ファンドシリーズ
第1号ファンドとなる「日本応援株ファンド(日本株)(愛称:スマイル・ジャパン)」を、
平成23年6月20日(月)から募集開始すると伝えた。


資産倍増プロジェクトとは、投資信託を取扱うインターネット証券大手4社が、投資信託の
販売、投資信託による資産運用の普及啓蒙活動など、様々な活動を共同で行うプロジェクト。


4社は、顧客の資産形成を全力で支援していくことが証券会社の果たすべき役割だと考え、
平成23年3月に始動した。


「日本応援株ファンド(日本株)(愛称:スマイル・ジャパン)」は、競争力のある国内優良企業
の株式で、割安な銘柄に厳選投資する投資信託。


販売手数料が無料なうえ、アクティブ投信としては業界最低水準の信託報酬(純資産額の
1.0%(税抜・年率))となるほか、1000円からの積立ても可能にしたネット証券で、
販売する強みを活かした。

「転載終了」



ネット証券は、投信の販売量が小さいので、これを気にシェアを拡大したいところです。


今後は第二弾、第三弾と魅力ある投信が発売されることが期待されます。日本株も良いの
ですが、不動産市場を刺激する不動産投資信託の開発もお願いします。





テーマ : 不動産投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : 日本応援株ファンド 不動産投資信託

不動産投資関連資料の一括請求サイト




不動産投資関連の企業及び物件に関しまして、やはり、何と
いうか敷居が高い感じを受けてしまい、資料請求などに関し
てどこか気軽には請求できない雰囲気があります。



不動産投資は、不動産を購入することでインカムゲインとし
て得られる賃料や、キャピタルゲインとして得られる売却益
の2種類あり、資産形成にはかかせないものとなっています。



以前からもったいないなと、思っていたのは、マンションを
新築することができる土地をもっているにも関わらず、何も
おこなっていない方が結構いらっしゃいます。



ですので、これから本格的に資産運用のために不動産投資
を検討されている方は、どこに問い合わせればよいのか、迷
われている方も少なくないと思います。



そんな中、金融ポータルサイト金融スクエアbang!を運営
するウェブクルーが、新たなコンテンツとして不動産投資に
関する資料一括請求のサービスを開始しました。



ネットであれば、電話のように、相手が出た途端にセールス
をかけられるといったことがありません。



人を介さずに資料を請求できますので、となたでも気軽に
請求することが出来ると思います。



サブプライム問題がより深刻化している影響により今後も
不動産市場は低迷することが余儀なくされそうです。



こうした状況を下支えするためにも、投資家の拡大を促す
努力が必要だと思います。対面だと色々な面で難しいで
すが、ネットであれば時間もコストを抑えられます。


こうした利点を生かして、市場拡大することを願います。


【PR】 金持ち父さん目指すならHOME'S不動産投資



不動産投資信託の投資は自己責任でお願いします。

不動産投資信託に関する記事の誤字脱字、内容の間違い
を含め、一切の責任を負いませんので予めご了承下さい。

不動産投資信託が分かる不動産投資入門トップへ




テーマ : 不動産投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : インカムゲイン キャピタルゲイン

さらに詳しく調べる




 検索例  

REIT 証券会社 手数料などと入力

メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

不動産投資信託 REIT 不動産ファンド 資産運用 リート 分配金 不動産投資 ファンド 投資法人 ファンドマネジャー 不動産インデックス 減価償却 キャッシュフロー 利回り インカムゲイン 固定資産税 表面利回り 東証REIT指数 キャピタルゲイン 不動産担保ローン 運用 時価会計 日本応援株ファンド アップリート 全面可視化 初試行 追起訴 特別背任事件 SPC アセット・マネジメント ポートフォリオ 投資判断 証券化 プロパティマネジメント オフィスビル 配当利回り オフバランス 

タグ

  • seo
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。