スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




不動産関連の指標が重要視される

今現在、日銀によって設定される政策金利は今のところ横ばいの
状態にありますが、今後も徐々に上昇することは確実です。



そんな中にありながら不動産市場は活況とは程遠い状態になり、
不動産投資への金融機関の融資も規制されています。


しかし、以前のように割安で高利回り物件は存在しません。


金融庁指導の下、各金融機関に対して融資に規制が入ったこと
によって資金難を避けるため、所有している物件の投売りが加速
したことによる影響と考えられています。



ほんの一年ほど前までは、一般の個人投資家を巻き込んで不動
産投資の人気が拡大したことにより、一時的に異常なまでに買い
が殺到したのですが今では当時が夢のようでした。



ですので、値頃感のある買える物件であったとしても、買っても良
い物件であるわけではないので、買っても良い物件の条件を満た
した物件を探すのには骨が折れました。



しかし、今ではそこら中にゴロゴロしていますので、これまでの
売り手市場から買い手市場に一点しています。



今一度、昨年一年を振り返ってみると、物件価格は大きく上昇する
こととなり、借入金利も上昇すると噂されていました。



今では低迷していますた、レバレッジを効かせて小額の投資資金
で物件を買い増して行くという手法は難しい状態にあります。



このため、環境市場が大きく変化していることから、今後さらに
不動産に関する情報が重要視されることとなります。



一般の個人投資家には中々難しいですが、ニュース記事や、不動
産投資のポータルサイトから配信される無料情報でアンテナだけ
でも常に広げる努力が必要となります。


【情報満載】金持ち父さん目指すならHOME'S不動産投資



※不動産投資信託の投資は自己責任でお願いします。

不動産投資信託に関する記事の誤字脱字、内容の間違い
を含め、一切の責任を負いませんので予めご了承下さい。

不動産投資信託が分かる不動産投資入門トップへ




スポンサーサイト

テーマ : 不動産投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

さらに詳しく調べる




 検索例  

REIT 証券会社 手数料などと入力

メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

不動産投資信託 REIT 不動産ファンド 資産運用 リート 分配金 不動産投資 ファンド 投資法人 ファンドマネジャー 不動産インデックス 減価償却 キャッシュフロー 利回り インカムゲイン 固定資産税 表面利回り 東証REIT指数 キャピタルゲイン 不動産担保ローン 運用 時価会計 日本応援株ファンド アップリート 全面可視化 初試行 追起訴 特別背任事件 SPC アセット・マネジメント ポートフォリオ 投資判断 証券化 プロパティマネジメント オフィスビル 配当利回り オフバランス 

タグ

  • seo
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。