スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




不動産投資信託の目論見書の見方


世界的な金融危機を迎えた今、金融機関の多くがバブルで手痛い思いをしたことから
不動産投資に対する厳しい融資規制をもうけています。このため、過剰なまでにレバ
レッジをかけて不動産物件を取得したファンドが痛手を被っています。



追加融資を受けられないために、破綻に追い込まれるケースが増えています。ですの
で今後は有利子負債が多い不動産ファンドへの投資は控える必要があります。



仮に購入を検討しているREITなどののキャッシュフローや業績が良
くても黒字倒産に追い込まれるケースが今後増えることが予想されています。



ですので、もし業績が良くても注意しなければなりません。そのために、これまで以上
にしっかりと目論見書に目を通する必要があります。



投資家に対して、ファンドの募集勧誘の際に、有価証券届出書にもとづいて作成され
た目論見書が交付されます。目論見書の見方は以下のとおりです。



 『ファンドの基本的性格を見る』

申し込み単位、申し込み期間、証券の形態(受託証券・投資証券・投資法人債の別
など)、残存期間、買戻しの有無、課税上の取り扱いなどをチェックします。



 『ファンドの運用方針を見る』

投資の基本方針、投資対象(オフィスビル、マンション・地域別投資割合等)、投資
制限(約款または規約に定められた投資制限・借り入れ、集中投資、他のファンド
等への投資制限の有無など)などを確認します。


具体的には、投資対象が広いほどリスクが少ないと判断されます。



 『ファンドの運用実績を見る』

すでに運用が開始されるファンドにつきましては、投資状況や投資対象物件の状況を
確認し、賃料収入が安定しているかを確認します。




スポンサーサイト

テーマ : 不動産投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : 不動産ファンド

さらに詳しく調べる




 検索例  

REIT 証券会社 手数料などと入力

メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

不動産投資信託 REIT 不動産ファンド 資産運用 リート 分配金 不動産投資 ファンド 投資法人 ファンドマネジャー 不動産インデックス 減価償却 キャッシュフロー 利回り インカムゲイン 固定資産税 表面利回り 東証REIT指数 キャピタルゲイン 不動産担保ローン 運用 時価会計 日本応援株ファンド アップリート 全面可視化 初試行 追起訴 特別背任事件 SPC アセット・マネジメント ポートフォリオ 投資判断 証券化 プロパティマネジメント オフィスビル 配当利回り オフバランス 

タグ

  • seo
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。