スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




不動産投資信託へ投資するタイミング


ここにきて民主党政権が非常に厳しい状況に追い込まれています。右肩下がりで支持率が
下がっており、ついに自民党に抜かされてしまいました。



しかし、どちらがなるにせよ円高・株安が加速することになりそうです。といいますのも、
米国は自国経済を立て直すために通貨安に誘導し輸出を増やす政策を打ち出しています。



同様に欧州もユーロ安に誘導して輸出を増やす方向で動いています。通貨安合戦が繰り広げ
られているわけですが、その中で日本は手も足もだせません。



自力で動いても効果は期待できません。極端に円高が進めば一日の取引量の6割を占める海外
投資家は売りが中心とならざるえませんので、いくら国内の企業の業績が良かったとしても、
売られる運命から逃れることができないのです。



そうした中で不動産市場も大きく低迷していますが、モルガンスタンレーなど外資が首都圏
を中心に少しずつ買い集めています。彼らは長期間投資するつもりはありません。



価格が吊りあがったところで売り抜けるつもりですから、将来的に上昇することを見込んで
投資しているわけです。そう考えますと株が底を打ったところでREITをはじめとした不動産
投資信託への投資も本格化させて良いタイミングと考えることができます。



今後混乱した状況が長期間続くと思います。不動産投資信託は短期売買には全くといっていい
ほど向いていませんので、しばらくは様子見に徹するのがベストかと思います。




スポンサーサイト

テーマ : 不動産投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : 不動産投資信託 REIT

不動産投資信託の運用タイプの違い


不動産投資信託は不動産を証券化した金融商品ですが、実際に不動産を証券化するにあたって
二通りのタイプにわかれます。今回は、こうした不動産の証券化のタイプについて、
誠に簡単ではございますが、解説させて頂きたいと思います。



<既に運用している物件がある場合>


すでに投資している不動産(オフィスビル、マンション)がある状態で証券化するタイプの不動産
投資信託です。この場合のメリットについてですが、まず、投資家はすでにどういった不動産
で運用しているのかといったことを知ることができます。



ファンドの収益性などを実際に投資する前に知ることができるので、この場合は資金調達を主な
目的として行なわれるタイプの不動産投資信託です。



<資金が集まってから運用する場合>


投資家からまず資金だけを優先的に集めておいて、その対価として証券を発行するのが特徴です。



こうしてファンドのもとに集められた資金をもとに、投資のプロであるファンドマネジャーが
実際に物件に投資し、その収益を投資家に分配します。この場合、投資家は投資法人の
これまでの実績や運用方針などを参考にして投資判断を下します。



ですので、金融商品の性質としては株式投資信託に近いので、投資家ニーズに合わせた不動産
投資信託といえます。そして、実際の不動産投資信託の背景には上述したような経緯や意向が
あることを予め知っておくのも実際に投資判断を下す上では重要なことだと思います。




テーマ : 不動産投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : 不動産投資信託 REIT

さらに詳しく調べる




 検索例  

REIT 証券会社 手数料などと入力

メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

不動産投資信託 REIT 不動産ファンド 資産運用 リート 分配金 不動産投資 ファンド 投資法人 ファンドマネジャー 不動産インデックス 減価償却 キャッシュフロー 利回り インカムゲイン 固定資産税 表面利回り 東証REIT指数 キャピタルゲイン 不動産担保ローン 運用 時価会計 日本応援株ファンド アップリート 全面可視化 初試行 追起訴 特別背任事件 SPC アセット・マネジメント ポートフォリオ 投資判断 証券化 プロパティマネジメント オフィスビル 配当利回り オフバランス 

タグ

  • seo
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。