スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




私募ファンドの特徴と投資するポイント

不動産投資信託にはリート(REIT)のように証券取引所に上場しているものや、私募
ファンドのように直接投資家に働きかけて投資を募るものとに分かれます。



今回は私募ファンドの特徴について誠に簡単ではございますが、解説させていただき
たいと思います。まず、私募ファンドの特徴は投資効果の高さです。



私募ファンド分配金の利回りは軽く10%を超えています。これに対してリート銘柄
分配金は5%前後ですので、倍以上の分配金を支給しているわけです。



こうした背景には私募ファンドの運用スタイルに大きく依存します。私募ファンドが実際
に所有している物件の多くが不良資産として出回っていたものを安く買い叩きます。



そして、物件をリフォームし、テナントが入居しやすい状況を作り出すといった具合に
独自のノウハウで物件の価値を高めながら収益性をあげるのです。



実績が全てですから、収益性を上げるのに必死です。注意しなければならないのは、
資産を拡大するためにレバレッジを多用することです。



不動産投資におけるレバレッジとは具体的にどういったものかといいますと、銀行融
資を受けて取得した物権を担保にして別の融資を受けて物件を取得していく手法で、
資金量に比例することなく効率よく物件を取得することができます。



しかし、リスクも非常に高いのです。金利が上昇する場面では負担が一気に増えます
ので、こうしたことからレバレッジを多用しているファンドに投資すべきではありません。




テーマ : J-REIT
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : 分配金

さらに詳しく調べる




 検索例  

REIT 証券会社 手数料などと入力

メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

不動産投資信託 REIT 不動産ファンド 資産運用 リート 分配金 不動産投資 ファンド 投資法人 ファンドマネジャー 不動産インデックス 減価償却 キャッシュフロー 利回り インカムゲイン 固定資産税 表面利回り 東証REIT指数 キャピタルゲイン 不動産担保ローン 運用 時価会計 日本応援株ファンド アップリート 全面可視化 初試行 追起訴 特別背任事件 SPC アセット・マネジメント ポートフォリオ 投資判断 証券化 プロパティマネジメント オフィスビル 配当利回り オフバランス 

タグ

  • seo
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。