スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




ノンリコースローンの仕組みについて

ご存知のとおりオフィスビルやマンションなどの不動産物件は非常に高額なため、現金
で一括購入することは一般的ではありません。一般の方が住宅ローンを組まれるように
金融機関から融資を受けて購入するのが一般的です。



ここ最近日本の不動産市場でも一般的になりつつあるのがノンリコースローンで、ノン
リコースローンとはノン=否定、リコースローン(遡求するローン)です。特定の不動産
から発生するキャッシュフローのみを返済原資とします。



そして、万一ローン返済ができなくなった場合において、担保になっている資産以外に
債権の取り立てが及ばない非遡及型融資のことを指します。



ノンリコースローンはあらゆる意味で日本の先を行く不動産投資大国アメリカで主流と
されるローンの形態です。今のところノンリコースローンによる問題が発生していない
ようなので、今後も主流の一つとされるのは間違いないと思います。



ちなみに日本国内におきましては、融資対象の不動産を担保にし、追加担保や個人
保証を求めるリコースローン(遡及型融資)が一般的とされております。



主な理由はノンリコースローンは担保割れの状態あったとしても他の資産からの回収
ができませんので、より緻密で精度の高い評価が必要となります。こうしたことから、
ノンリコースローンは一般のローンより金利は高めに設定されます。



世界的な金融恐慌により金融機関が依然として>:不動産投資信託を含めた不動産
投資に対する融資の締め付けがきつい状況が続いています。ノンリコースローンが
こうした状況に風穴をあける存在となることを期待するばかりです。




テーマ : 不動産投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

さらに詳しく調べる




 検索例  

REIT 証券会社 手数料などと入力

メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

不動産投資信託 REIT 不動産ファンド 資産運用 リート 分配金 不動産投資 ファンド 投資法人 ファンドマネジャー 不動産インデックス 減価償却 キャッシュフロー 利回り インカムゲイン 固定資産税 表面利回り 東証REIT指数 キャピタルゲイン 不動産担保ローン 運用 時価会計 日本応援株ファンド アップリート 全面可視化 初試行 追起訴 特別背任事件 SPC アセット・マネジメント ポートフォリオ 投資判断 証券化 プロパティマネジメント オフィスビル 配当利回り オフバランス 

タグ

  • seo
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。