スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




不動産の証券化でリスクヘッジする仕組



不動産投資信託(REIT、不動産ファンド)のように不動産を証券化するメリットは何も資金調達の
効率を図るだけではありません。不動産の証券化によりリスクヘッジすることができます。



具体的にいいますと、不動産投資信託(不動産ファンド)のように、不動産を証券化することに
よって、不動産投資・開発を行う場合のあらゆるリスクを投資家に分散させることができます。



例えば、デベロッパーが開発事業を行う場合には、開発事業の収益の不確実性という大きな
リスクを必然的に背負うこととなってしまいます。



こうした不動産物件は数千万円程度で建設できるものではありません。最低でも数億円規模
の費用を要するので、リスクが大変高いことが容易に想像できると思います。



しかし、こういったことも、不動産投資信託のように不動産を証券化することにより、リスク回避が
現実的に可能となります。それだけ不動産投資信託の担う役割が大きいわけです。




テーマ : 不動産投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : 不動産投資信託 不動産ファンド REIT

さらに詳しく調べる




 検索例  

REIT 証券会社 手数料などと入力

メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

不動産投資信託 REIT 不動産ファンド 資産運用 リート 分配金 不動産投資 ファンド 投資法人 ファンドマネジャー 不動産インデックス 減価償却 キャッシュフロー 利回り インカムゲイン 固定資産税 表面利回り 東証REIT指数 キャピタルゲイン 不動産担保ローン 運用 時価会計 日本応援株ファンド アップリート 全面可視化 初試行 追起訴 特別背任事件 SPC アセット・マネジメント ポートフォリオ 投資判断 証券化 プロパティマネジメント オフィスビル 配当利回り オフバランス 

タグ

  • seo
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。