スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




ポートフォリオの入れ替えについて



不動産投資信託は、ファンドが複数の不動産物件に投資して
いるので、すでに分散効果が高いのですが、一つの金融商品、
一つの銘柄に投資するのは非常に危険です。


またひたすら長期間に渡って保有し続けるのもいけません。


月日が経つにつれて、その金融商品なり銘柄を取り巻く環境は
大きく変化するからです。ですので、投資を継続して行うのであ
れば、必然的に、この変化に合わせて投資する必要があります。


ポートフォリオの入れ替えについてですが、非常に重要です。


不動産資産が優良か優良でないかではなく、事業体の成長に
貢献するかしないかで取得および売却を行ないます。



今現在、たとえば都市部にある不動産への資金が投下されて
いるのは国内の企業・事業だけではありません。



海外の企業・事業の資金も投下されているので、国内の不動産
市場はかつてないほどグローバルな市場になりました。



このため、その規模や、スケールメリットに対して、不動産投資
が選別されてしまうことに注意しなければなりません。



もっとも証券化された不動産を投資する上で重要とされているの
は、その中の投資対象となる不動産投資信託(不動産ファンド)
のポートフォリオの詳細についてです。


【情報満載】金持ち父さん目指すならHOME'S不動産投資



※不動産投資信託の投資は自己責任でお願いします。

不動産投資信託に関する記事の誤字脱字、内容の間違い
を含め、一切の責任を負いませんので予めご了承下さい。

不動産投資信託が分かる不動産投資入門トップへ




テーマ : 不動産投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : 不動産投資信託 ポートフォリオ 証券化

さらに詳しく調べる




 検索例  

REIT 証券会社 手数料などと入力

メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

不動産投資信託 REIT 不動産ファンド 資産運用 リート 分配金 不動産投資 ファンド 投資法人 ファンドマネジャー 不動産インデックス 減価償却 キャッシュフロー 利回り インカムゲイン 固定資産税 表面利回り 東証REIT指数 キャピタルゲイン 不動産担保ローン 運用 時価会計 日本応援株ファンド アップリート 全面可視化 初試行 追起訴 特別背任事件 SPC アセット・マネジメント ポートフォリオ 投資判断 証券化 プロパティマネジメント オフィスビル 配当利回り オフバランス 

タグ

  • seo
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。