スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




金融商品取引法による影響



不動産投資信託が分かる不動産投資入門】



2000年以降、ゼロ金利政策が施工されたことにより、日本でも仕方
なく資産運用を行なう動きが高まることとなりました。



しかし、各金融商品の売買でトラブルが後を絶えないことから、常に
問題視されることとなり、投資家保護と市場機能の強化を目的とする
金融商品取引法が9月30日に施行されることとなりました。



対象となるのは、株式や社債、投資信託に加え、商品先物取引、
不動産ファンドなど幅広い金融商品が対象となっております。



この金融商品取引法を盾に金融庁は徹底的に金融商品を取り扱う
金融機関を管理し、投資家保護を徹底するかまえにあります。



こうしたことから、銀行や、郵便局をはじめとした金融機関は顧客に
対して、取り扱う商品を今まで以上に細かく説明する義務が生じるこ
ととなったので、今後は今まで以上に待たされることとなりそうです。



また、その反対に、金融商品取引法は、経験豊富な金融機関や政府
などプロの投資家に対しては、商品説明の手続きを省くなど規制を緩
めているので金融および資本市場の活性化につながると思います。




応援クリックお願いします。

FC2 Blog ランキングへ

人気blogランキングへ



※不動産投資信託への投資は自己判断・自己責任でお願いします。

不動産投資信託に関する記事の誤字脱字、内容の間違いを含め、
いかなる損害を受けた場合も、当方では一切の責任を負いません
ので予めご了承下さい。

不動産投資信託が分かる不動産投資入門トップへ




tag : 不動産ファンド

コメントの投稿

Secre

さらに詳しく調べる




 検索例  

REIT 証券会社 手数料などと入力

メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

不動産投資信託 REIT 不動産ファンド 資産運用 リート 分配金 不動産投資 ファンド 投資法人 ファンドマネジャー 不動産インデックス 減価償却 キャッシュフロー 利回り インカムゲイン 固定資産税 表面利回り 東証REIT指数 キャピタルゲイン 不動産担保ローン 運用 時価会計 日本応援株ファンド アップリート 全面可視化 初試行 追起訴 特別背任事件 SPC アセット・マネジメント ポートフォリオ 投資判断 証券化 プロパティマネジメント オフィスビル 配当利回り オフバランス 

タグ

  • seo
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。