スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




景況判断指数、大幅な落ち込み続く



不動産投資信託が分かる不動産投資入門】


先日、社団法人住宅生産団体連合会(しゃだんほうじんじゅうたく
せいさんだんたいれんごうかい)が、10月度の経営者の住宅景況
感調査(じゅうたくけいきょうかんちょうさ)の結果を発表しました。



発表された内容によりますと、平成19年度第2四半期(7月から9月)
実績の景況判断指数は、前年同月比で、総受注戸数がマイナス40
ポイント、総受注金額がマイナス47ポイントとなりました。


こうしたことから、前回の調査に引き続き大きく落ち込みました。


また、住宅新報の記事によりますと総受注戸数では、賃貸住宅が
プラスに回復しております。


しかし、それ以外の部門が2ケタのマイナスとなりました。


こうしたことから全体的に大きく落ち込むこととなりました。


一方の総受注金額につきましては、4期連続でマイナス幅が拡大し
たことが明らかになり、こうした背景には、受注単価の減少傾向に
歯止めがかからないことがあげられております。



上述した経営者の住宅景況感調査は、今現在は住団連の法人会員
16社のトップを対象に行なわれております。



調査内容として戸建注文住宅、戸建分譲住宅、低層賃貸住宅の各
分野についてアンケートを実施して行なわれます。



そして、受注戸数と受注金額の直近3カ月の実績と、今後3カ月の
見通しを、前年同期比の景況判断指数としてまとめます。


応援クリックお願いします。

FC2 Blog ランキングへ

人気blogランキングへ



※不動産投資信託の投資は自己責任でお願いします。

不動産投資信託に関する記事の誤字脱字、内容の間違い
を含め、一切の責任を負いませんので予めご了承下さい。

不動産投資信託が分かる不動産投資入門トップへ




コメントの投稿

Secre

さらに詳しく調べる




 検索例  

REIT 証券会社 手数料などと入力

メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

不動産投資信託 REIT 不動産ファンド 資産運用 リート 分配金 不動産投資 ファンド 投資法人 ファンドマネジャー 不動産インデックス 減価償却 キャッシュフロー 利回り インカムゲイン 固定資産税 表面利回り 東証REIT指数 キャピタルゲイン 不動産担保ローン 運用 時価会計 日本応援株ファンド アップリート 全面可視化 初試行 追起訴 特別背任事件 SPC アセット・マネジメント ポートフォリオ 投資判断 証券化 プロパティマネジメント オフィスビル 配当利回り オフバランス 

タグ

  • seo
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。