スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




利回りは判断材料の一つ



不動産投資信託が分かる不動産投資入門】


不動産投資を行なうにあたり、当然のことながら利回りは投資判断
を下すための判断材料として最も重要なポイントだと思います。



それでは、この利回りについてですが、グロス利回りとNET(ネット)
利回りのそれぞれ2種類ございます。



それぞれの求め方ですが、グロス利回りの場合は年間賃料収入を
売買金額で割ることにより算出することができます。



一方のネット利回りの計算は、不動産会社によっていろいろな算出
方法があるようですが、一般的には以下のようになります。


ネット利回り=

{年間賃料収入-(管理委託費+年間固定資産税都市計画税額+
年間金利負担額+年間修繕見込額)}÷(売買代金+購入時諸費用)



これ以外にもDCF法をはじめROE、ROA、IRRなどさまざまな指標
があり、突き詰めればいくらでもでてくるほど奥が深いです。



不動産投資の目的を考えた場合、多くの人が利回りばかりに気を取
られがちですが、不動産投資は、資産運用のために行なうべきで、
預金金利の低さや節税効果・インフレ対策などをカバーします。



もちろん上述した以外にも、年金問題で将来の不安を煽る報道が
連日のようになされているので、自分年金のため、相続対策、社会
的地位のためなど色々あると思います。


こうしたことが全て不動産投資を行う上で重要なポイントになります。




応援クリックお願いします。

FC2 Blog ランキングへ

人気blogランキングへ



※不動産投資信託の投資は自己責任でお願いします。

不動産投資信託に関する記事の誤字脱字、内容の間違い
を含め、一切の責任を負いませんので予めご了承下さい。

不動産投資信託が分かる不動産投資入門トップへ




テーマ : 不動産投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

Secre

さらに詳しく調べる




 検索例  

REIT 証券会社 手数料などと入力

メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

不動産投資信託 REIT 不動産ファンド 資産運用 リート 分配金 不動産投資 ファンド 投資法人 ファンドマネジャー 不動産インデックス 減価償却 キャッシュフロー 利回り インカムゲイン 固定資産税 表面利回り 東証REIT指数 キャピタルゲイン 不動産担保ローン 運用 時価会計 日本応援株ファンド アップリート 全面可視化 初試行 追起訴 特別背任事件 SPC アセット・マネジメント ポートフォリオ 投資判断 証券化 プロパティマネジメント オフィスビル 配当利回り オフバランス 

タグ

  • seo
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。