スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




不動産物件の修繕計画の重要性について


やはり、不動産投資信託として証券化するからには、常に安定したインカムゲインを得る必要が
あり、その為には、当然のことながら物件を長期間維持しなければなりません。



しかし、不動産投資の難しいところは、建物は生き物なので経過と共に劣化します。そこで必要
になるのが修繕・改修工事です。環境に対応した修繕を行っていくことにより、物理的な劣化を
抑えるだけでなく、商品価値を維持・上昇することができます。



こうしたことによって、ファンドが実際に運用されている空室リスクを回避し、長期にわたり安定し
たインカムゲインを得ることができるようになります。



なので、ある程度長期的な修繕計画の作成は欠かせません。すぐ目の前にある物件であれば、
毎日のように見ることができるのでチェックすることも可能ですが、大規模な物件・遠隔地にある
物件となると管理会社に委託する必要もでてきます。



実際に修繕計画を作成するにあたり、建物や各部位ごとの物理的な耐用年数と、修繕が必要
な時期を、しっかりと把握する必要がございます。



建物を建築してから、「どれくらいの時期に」、「どの部位の修繕が必要で」、それに対して、いく
らくらい資金を用意しておかなければならないのか、といった修繕計画を作成するべきです。



また、大規模な工事を実施する場合には、まず、計画された修繕部位を現場で点検・調査した
うえで、他に不具合が生じている箇所がないかどうかも併せて事前に調べる必要があります。



こうしたことを行なう上で、安定した空室リスクを大幅に緩和することができますので、不動産
投資信託の価値も、それにともなって必然的にあがります。




テーマ : 不動産投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : 不動産投資信託 ファンド

さらに詳しく調べる




 検索例  

REIT 証券会社 手数料などと入力

メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

不動産投資信託 REIT 不動産ファンド 資産運用 リート 分配金 不動産投資 ファンド 投資法人 ファンドマネジャー 不動産インデックス 減価償却 キャッシュフロー 利回り インカムゲイン 固定資産税 表面利回り 東証REIT指数 キャピタルゲイン 不動産担保ローン 運用 時価会計 日本応援株ファンド アップリート 全面可視化 初試行 追起訴 特別背任事件 SPC アセット・マネジメント ポートフォリオ 投資判断 証券化 プロパティマネジメント オフィスビル 配当利回り オフバランス 

タグ

  • seo
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。