スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




他人の不動産投資情報に翻弄されない


昨今の不動産市場では、不動産を評価するさいに収益還元法が用いられるのが一般的となってます。
また、最近の家賃設定を基準として再計算し直して不動産投資をするような動きがみられます。


たとえば、投資信託の場合であれば、テクニカル分析から導かれた数値からは、とても購入不可能な
水準にまで値上がりした場合、ファンドマネージャーが独自の判断に基づき分析します。


そして、株価は誰の目からみても高い状態にあるにもかかわらず、この金額は、まだまだ割安な水準
にあると説き伏せます。 しかし、株価がファンドマネジャーが主張するとおりになる可能性は低いです。


上述したような株価の動きと不動産価格と同じように論じることにかんして無理があるとは思いますが、
人が関わって売買をしているという点では全てにおいて同じだと思います。


ですので、不動産投資をする上で人間の行動パターンとしては非常に参考になると思います。 事実、
堅実な資産形成には不動産投資のような現物投資を欠かすことができません。


このため不動産市場の動きを注意深く観察する必要があります。 色々と周囲のアドバイスを聞いて
いると、それぞれ主張が異なりますので自分自身の投資判断を周囲に翻弄されてはなりません。




テーマ : 不動産投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : 不動産投資信託

コメントの投稿

Secre

さらに詳しく調べる




 検索例  

REIT 証券会社 手数料などと入力

メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

不動産投資信託 REIT 不動産ファンド 資産運用 リート 分配金 不動産投資 ファンド 投資法人 ファンドマネジャー 不動産インデックス 減価償却 キャッシュフロー 利回り インカムゲイン 固定資産税 表面利回り 東証REIT指数 キャピタルゲイン 不動産担保ローン 運用 時価会計 日本応援株ファンド アップリート 全面可視化 初試行 追起訴 特別背任事件 SPC アセット・マネジメント ポートフォリオ 投資判断 証券化 プロパティマネジメント オフィスビル 配当利回り オフバランス 

タグ

  • seo
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。