スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




昨年同様に需給逼迫状況続く 


07年12月末時点のオフィスビル市況が三鬼商事から発表された
のですが、発表された内容によりますと、千代田、中央、港、新宿、
渋谷の東京ビジネス5区のオフィスビル平均空室率は、前年同月
比0.24ポイント低下し2.65%となりました。



そして、08年の東京ビジネス5区の大型ビル新規供給量について
ですが、41棟・延床面積約22万坪が予定されております。



残念ながら07年と比較しても供給量は約半分程度であることから、
08年も需給が逼迫することとなりそうです。



東京ビジネス5区の12月末時点の平均賃料は坪当たり前年同月比
13.36%上昇し21,998円となりました。



今後も東京ビジネス5区を中心とした大型ビルの賃料相場は堅調
に推移すると予測されております。



上述したことから、東京ビジネス5区はブランド力も高いので、
人気も高く、テナントの契約更新のさいにも大幅な賃料の上昇
を提示しても問題なく更新されます。



しかし、その他の区では駅前でもガラガラの状態が続いており、
酷いところですと、ビル一棟テナントゼロのところまであります。


こうした不均衡な状態が改善されることを願います。


【PR】 金持ち父さん目指すならHOME'S不動産投資



不動産投資信託の投資は自己責任でお願いします。

不動産投資信託に関する記事の誤字脱字、内容の間違い
を含め、一切の責任を負いませんので予めご了承下さい。

不動産投資信託が分かる不動産投資入門トップへ




テーマ : 不動産投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

さらに詳しく調べる




 検索例  

REIT 証券会社 手数料などと入力

メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

不動産投資信託 REIT 不動産ファンド 資産運用 リート 分配金 不動産投資 ファンド 投資法人 ファンドマネジャー 不動産インデックス 減価償却 キャッシュフロー 利回り インカムゲイン 固定資産税 表面利回り 東証REIT指数 キャピタルゲイン 不動産担保ローン 運用 時価会計 日本応援株ファンド アップリート 全面可視化 初試行 追起訴 特別背任事件 SPC アセット・マネジメント ポートフォリオ 投資判断 証券化 プロパティマネジメント オフィスビル 配当利回り オフバランス 

タグ

  • seo
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。