スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




不動産投資信託の運用タイプの違い


不動産投資信託は不動産を証券化した金融商品ですが、実際に不動産を証券化するにあたって
二通りのタイプにわかれます。今回は、こうした不動産の証券化のタイプについて、
誠に簡単ではございますが、解説させて頂きたいと思います。



<既に運用している物件がある場合>


すでに投資している不動産(オフィスビル、マンション)がある状態で証券化するタイプの不動産
投資信託です。この場合のメリットについてですが、まず、投資家はすでにどういった不動産
で運用しているのかといったことを知ることができます。



ファンドの収益性などを実際に投資する前に知ることができるので、この場合は資金調達を主な
目的として行なわれるタイプの不動産投資信託です。



<資金が集まってから運用する場合>


投資家からまず資金だけを優先的に集めておいて、その対価として証券を発行するのが特徴です。



こうしてファンドのもとに集められた資金をもとに、投資のプロであるファンドマネジャーが
実際に物件に投資し、その収益を投資家に分配します。この場合、投資家は投資法人の
これまでの実績や運用方針などを参考にして投資判断を下します。



ですので、金融商品の性質としては株式投資信託に近いので、投資家ニーズに合わせた不動産
投資信託といえます。そして、実際の不動産投資信託の背景には上述したような経緯や意向が
あることを予め知っておくのも実際に投資判断を下す上では重要なことだと思います。




テーマ : 不動産投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : 不動産投資信託 REIT

さらに詳しく調べる




 検索例  

REIT 証券会社 手数料などと入力

メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

不動産投資信託 REIT 不動産ファンド 資産運用 リート 分配金 不動産投資 ファンド 投資法人 ファンドマネジャー 不動産インデックス 減価償却 キャッシュフロー 利回り インカムゲイン 固定資産税 表面利回り 東証REIT指数 キャピタルゲイン 不動産担保ローン 運用 時価会計 日本応援株ファンド アップリート 全面可視化 初試行 追起訴 特別背任事件 SPC アセット・マネジメント ポートフォリオ 投資判断 証券化 プロパティマネジメント オフィスビル 配当利回り オフバランス 

タグ

  • seo
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。