スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




不動産投資のマイナス点を大きく改善


不動産投資は、投資対象となる不動産物件自体が非常に高額である
だけでなく売り買いをするための市場がないので、実際に売買を成立
するのが難しいとされているため流動性が低いです。



また、情報に関して一般の人が知れる情報というのが極めて少ないの
で透明性に欠けている点も問題視されています。



しかし、不動産投資信託によって例えば何百億円という不動産物件も
証券化することで小口化できます。これにより数十万円程度で市場に
て取引されるので流動性は極めて高いとされています。



また、東証リート市場に上場する銘柄は投資家保護の為に情報開示が
徹底されていますので、情報量が少ないといった点も含めて、不動産
投資のマイナス面を大きくカバーしています。



一方、不動産投資信託の投資法人が運用している不動産物件につい
てですが、不動産物件の保守や修繕などのメンテナンスに関しては全
てプロパティマネジメント会社に委託します。



ですので、商品価値が大きく下がることはありません。実際に、不動産
投資として賃貸物件などを所有されている場合は定期的に物件の状態
を確認しなければなりませんが、こうした手間が省けます。



プロパティマネジメント会社を初めとした、投資法人が委託する取引業
者の多くが国の認定を受けている業者のみ取引可能となっているので
いい加減な仕事は絶対に許されないのです。



今現在、世界的に金融危機が広がっているため、不動産市場も資金
難から低迷することを余儀なくされています。



ですので、今後は、こうした不動産投資信託の特性を利用することに
よって、ビルやマンションを買い付けるための資金調達として利用度
が高まることが期待されています。




テーマ : 不動産投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : プロパティマネジメント

さらに詳しく調べる




 検索例  

REIT 証券会社 手数料などと入力

メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

不動産投資信託 REIT 不動産ファンド 資産運用 リート 分配金 不動産投資 ファンド 投資法人 ファンドマネジャー 不動産インデックス 減価償却 キャッシュフロー 利回り インカムゲイン 固定資産税 表面利回り 東証REIT指数 キャピタルゲイン 不動産担保ローン 運用 時価会計 日本応援株ファンド アップリート 全面可視化 初試行 追起訴 特別背任事件 SPC アセット・マネジメント ポートフォリオ 投資判断 証券化 プロパティマネジメント オフィスビル 配当利回り オフバランス 

タグ

  • seo
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。