スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




分配金の利回りで不動産投資信託を比較




基本的に不動産投資信託は投資信託の中でも分配金の利回りが高い部類に属します!!
不動産投資信託を選ぶにあたって分配金で選ぶのも一つの有効な手段となってます。

【PR】 REITの取引は手数料が格安なCFDが断然お得!



この時に重要なのが分配される金額ではなく、利回りです。


しかし、残念ながら多くの方が分配金の多さに魅了されてしまいます。


ですので今回は不動産投資信託を選ぶに当たって分配金の利回りを比較して選ぶ方法
について誠に簡単ではございますが解説させていただきます。


例えばAという「1口あたり50万円の不動産投資信託の分配金が2万円」と、Bという「1口
あたり80万円に対して分配金が4万円」の不動産投資信託があると仮定します。


この場合はBの方が高い分配金が支給されているように思えるかも知れません。


しかし、実際に利回りを計算すると以下の通りになります。



(A)3万円÷50万円=6%


(B)4万円÷80万円=5%



上述した通り、実際に利回りを計算することで明確になります。


この場合Aの方がBよりも1%も利回りが良いわけです。なので、パッとみの数字の大きさ
だけで選んでしまいますと大変なことになるということがお分かり頂けると思います。


そして、分配金の利回りから不動産投資信託を選ぶうえで大変重要となるのが、ファンドの
業績の良し悪しです。業績に関しては必ず調べる必要があります。


ファンドの業績が悪いにも関わらず高い分配金を支給するのは場合によっては、あくまでも
投資家集めの餌として用いられるケースも少なくありませんのでご注意を!


こうした不動産投資信託を掴まされてしまうと長期間にわたって保有することになる 訳です
から、途方も無い大きな損失を被りかねませんので十分注意する必要があります。






テーマ : 不動産投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : 利回り 不動産投資信託 不動産ファンド

さらに詳しく調べる




 検索例  

REIT 証券会社 手数料などと入力

メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

不動産投資信託 REIT 不動産ファンド 資産運用 リート 分配金 不動産投資 ファンド 投資法人 ファンドマネジャー 不動産インデックス 減価償却 キャッシュフロー 利回り インカムゲイン 固定資産税 表面利回り 東証REIT指数 キャピタルゲイン 不動産担保ローン 運用 時価会計 日本応援株ファンド アップリート 全面可視化 初試行 追起訴 特別背任事件 SPC アセット・マネジメント ポートフォリオ 投資判断 証券化 プロパティマネジメント オフィスビル 配当利回り オフバランス 

タグ

  • seo
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。