スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




不動産投資信託を選ぶポイントについて


当然のことながら不動産投資信託に投資を投資するさいに必ず情報収集を行う必要があります。


ファンドから提供される資料や指標などは誰でも入手することができます。


しかし、株式などと比較すると、投資に役立つ資料は少ないです。


何でもかんでも情報を詰め込めばよいというわけではありません。


情報を詰め込みすぎるとかえって迷いが生じることとなり、適切な投資判断が困難になります。


欧米のように不動産投資信託が一つの金融商品として認識されている国では、かなり詳細に
投資判断を下すための指標が整備されています。



迷いをおさえて適切な投資判断を下すための一つの方法としては自分の関心のある地域の物件
が組成されている不動産投資信託を選ぶことです。



そうすることで立地条件の良し悪しや、建築の外観、性能・品質、他の物件との競争力などを
自分自身の目で確かめることが可能となります。


もっとも基本となるのは、不動産投資信託の目論見書を何度でも精読することです。


そして、次に投資目的を明確にする必要がございます。


配当収入を重視するか、キャピタルゲインを狙うのか、どの位の投資期間を考えているのか、
どの位までリスクを取れるのか、といったことを明確にした上で投資先を選ぶべきです。


そうすることで、どんなタイプの商品が自分と相性がよいかといったことが明確になります。


そのために、ファンドマネジャーの過去の実績、投資哲学、投資戦略なども、目論見表から
しっかりと拾い上げ、自分の投資スタイルという視点から判断すべきです。


そして、可能な限り色々な角度から分析するべきです。


利回り、配当金、元本の保全、地震や火災などの災害に関するリスクへの対応をはじめ、
不動産の管理・運営体勢、今後の賃料収入動向など、自分のわかる範囲で調べます。






テーマ : 不動産投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : 不動産投資信託 REIT 不動産ファンド

さらに詳しく調べる




 検索例  

REIT 証券会社 手数料などと入力

メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

不動産投資信託 REIT 不動産ファンド 資産運用 リート 分配金 不動産投資 ファンド 投資法人 ファンドマネジャー 不動産インデックス 減価償却 キャッシュフロー 利回り インカムゲイン 固定資産税 表面利回り 東証REIT指数 キャピタルゲイン 不動産担保ローン 運用 時価会計 日本応援株ファンド アップリート 全面可視化 初試行 追起訴 特別背任事件 SPC アセット・マネジメント ポートフォリオ 投資判断 証券化 プロパティマネジメント オフィスビル 配当利回り オフバランス 

タグ

  • seo
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。