スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




全面可視化 初試行 特別背任事件 追起訴


不動産ファンド事業会社「セレアセットアドバイザーズ」の元役員が業務上横領罪で追起訴
されたのですが、こういった横領とか詐欺容疑で逮捕されるケースが増えています。


この会社の信用は大きく損なわれることになってしまい、不動産ファンドが危険な商品で
あるといったイメージがさらに拡大することになり本当に残念です。



「転載開始:読売新聞」

『全面可視化初試行の特別背任事件、被告を追起訴』
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110627-00001015-yom-soci


東京地検特捜部は27日、取り調べの全過程の録音・録画(全面可視化)を初めて試行した
特別背任事件で、不動産ファンド事業会社「セレアセットアドバイザーズ」(東京)の元役員
徳島政治被告(47)(会社法の特別背任罪で起訴)を業務上横領罪で東京地裁に追起訴した。


特捜部は、1度目の起訴後の取り調べでも全面可視化を実施した。


起訴状によると、徳島被告は2008年12月頃、同社が保有する不動産を男性会社役員
らに17億3000万円で売却した際、代金の一部として預かった小切手2通
(額面計6650万円)を着服したとしている。

「転載終了」


今回ここまで同事件が大きく取り上げられることになったのは、その事件性よりも、東京地検
特捜部による取調べが全面可視化で行われたことが大きいようです。


こういったケースは本当にまれなことですが、不動産の売買など、たとえそれが小規模なもの
であったとしても、弁護士や司法書士を立てられることをお勧めします。




テーマ : 不動産投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : 全面可視化 初試行 特別背任事件 追起訴

さらに詳しく調べる




 検索例  

REIT 証券会社 手数料などと入力

メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

不動産投資信託 REIT 不動産ファンド 資産運用 リート 分配金 不動産投資 ファンド 投資法人 ファンドマネジャー 不動産インデックス 減価償却 キャッシュフロー 利回り インカムゲイン 固定資産税 表面利回り 東証REIT指数 キャピタルゲイン 不動産担保ローン 運用 時価会計 日本応援株ファンド アップリート 全面可視化 初試行 追起訴 特別背任事件 SPC アセット・マネジメント ポートフォリオ 投資判断 証券化 プロパティマネジメント オフィスビル 配当利回り オフバランス 

タグ

  • seo
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。